ケールは苦いけど健康効果は抜群!

味に若干の癖あり。ケールの効果とは?

よく、青汁に多く含まれていることで知られているケール。

ふわふわっとした形の葉っぱが特徴で、味は青臭い…というのが正直なところ。

多くの方は決しておいしい!と好き好んで口にできるものではない、なんて言われていますよね。

ですがこのケール、緑黄色野菜の中でもビタミン類の多さがトップクラスだと言われていて、さらにミネラル分も非常に多く、食物繊維もたっぷり。

さらにケールをはじめ、ブロッコリーやカリフラワーといったアブラナ科のものをたくさん食べていることによって、胃がんや直腸がんのリスクが低くなるということも報告されているんだとか。

健康効果が高いということや、体にとって必要な栄養素がバランス良く含まれていることもあり、積極的に摂取したい食べ物なんです。

ただ、前述のとおりケールはそのままではとても食べにくく、工夫が必要となってきます。

とはいっても、毎日ケールを摂取するのもちょっと大変ですよね。

そこで青汁としてケールをたっぷり摂取するのがおススメになっています。

最近販売されている青汁のほとんどにケールが含まれていますし、メーカーによって配合されているものが違うため自分の好みの味を選ぶことができます。

青汁ならば毎朝水や牛乳などで溶くだけで手軽に摂取できますし、時間がなくても体に必要な栄養素をしっかりと取り入れることができます。

健康的な体作りはもちろんですが、ビタミン類が豊富だということで美肌にも効果的。

抗酸化作用の高いビタミン類をしっかりと摂取することで、シミやそばかすといったメラニン色素を薄くするよう直接作用したり、コラーゲンの生成を促してくれると言われています。

▲ページの上部へ移動